ジュニアNISAの運用現状(2021/12/8版) ~ 17ヶ月で年間分配金は13,946円 ~

ジュニアNISAの運用現状(2021/12/8版) ~ 17ヶ月で年間分配金は13,946円 ~ 投資

2020年8月に開始したジュニアNISAの状況を記録します。

現在の資産状況(2021/12/8)

17ヶ月の運用で次の様になりました。

年度別収支

  • 1,571,734円の投資に対して、合計損益:1,961,219円(+389,485円(+24.78%))です。
  • 年度別では、次の通りです。
    2021年度 投資額:793,948円に対して、合計損益:891,714円(+97,766円(+12.31%))
    2020年度 投資額:777,786円に対して、合計損益:1,069,505円(+291,719円(+37.51%))

保有証券の評価額

  • オリンピック景気の反動が来ることを考慮して、国内証券の2021年度の積極的購入は行いませんでした。代わりにamazon(AMZN)とGoogle(GOOGL)に投資を行いました。
  • 2021年度のVOO、VTIに関しては、新型コロナのオミクロン株の感染リスクが市場に出始めた12月に購入したもので、現在は損失が出ていますが、長い目で見ていこうと考えています。

配当金明細

  • 2年間の配当金の合計は、18,323円です。
    それぞれ2021年度購入分から1,273円、2020年度購入分から17,050円の配当がありました。
    年毎の受領額は2021年が13,946円、2020年が4,377円です。
    2021年受領額をひと月ごとに換算すると約1,162円になる計算です。
  • 銘柄毎の金額は次の通りです。
    SPYD(60株) :9,926円(取得原価:232,480円(内、2020年分:140,840円、2021年分:91,640円))
    VOO(8株※) :5,255円(取得原価:261,048円)
    VTI(10株※):3,142円(取得原価:189,200円)
     ※2021年12月購入分の配当は未受領の為、保有数-1を記載。
  • 2020年に購入した分で2021年に受領した配当金は12,673円でした。取得原価は591,088円なので、配当性向は2.1%の計算です。

所感

配当性向の一番高いSPYDの2020年購入分の2021年配当額は6,163円(配当性向4.3%)の計算になるので、月1万円の配当を受け取りたい場合、約280万円の投資が必要だった計算になります。(ジュニアNISA2020年購入の例)

一方、配当額も含めた評価損益を考慮した場合、それぞれ次の結果になりました。

銘柄取得金額評価額総配当額総配当額+評価額評価損益(配当込)
SPYD140,840円185,490円
(+31.7%)
8,653円194,143円+37.84%
VOO261,048円386,387円
(+48.01%)
5,255円391,642円+50.02%
VTI189,200円268,113円
(+41.71%)
3,142円271,255円+43.36%
2020年購入分ベース 銘柄別評価損益(配当込)

※購入時期の違いにより、取得金額、評価額に大きく差が出てしまっていますが、ここでは考慮しておりません。同時期、同量購入した場合の比較ではない為、ご注意ください。

値上がり評価額を考慮するとVOO、VTI、SPYDの順で、配当率を考慮するとSPYD、VOO、VTIの順で効率が良い結果となりました。今後の購入方針の参考としようと思います。

参考)ジュニアNISAの運用方針

昨年の状況や運用方針に関しては、次の記事にまとめています。

ジュニアNISAの運用方針と現状 ~ 分配金の日本での課税を非課税に ~
2023年12月に終了してしまうジュニアNISAの制度ですが、我が家でも遅ればせながら利用することにしました。現在の資産状況(2020.12.28時点)2020年8月に開始して次の様な状態です。SPYDで損...

コメント

タイトルとURLをコピーしました