Excelシートコピーで「既にある名前」、「名前は既に存在します。」の削除方法

Excelシートコピーで「既にある名前」の削除方法 プログラム

Excelでシートの移動やコピーをした際に「既にある名前〇〇が含まれている」や「名前〇〇は既に存在します。」と言った旨のメッセージを目にしたことは無いでしょうか。

一つ二つなら問題ありませんが、複数回出てくるとシートのコピーでも億劫さを感じることになると思います。

今回は、そんなExcelシート上の名前要素の削除方法を紹介します。

名前の管理 ダイアログボックスからの削除

Ctrl + F3で表示される「名前の管理」からすべての名前を選択して「削除」します。

大抵はこれで解決します。

非表示になっている名前要素の表示

上記の方法で表示されない名前要素がある場合、表示してあげる必要があります。一つ一つ手作業で表示するのは面倒なので、Visual Basic(Alt + F11)で以下のコードを実行して、表示させます。表示後の手順は上述の通り(Ctrl + F3)です。

ソースコード

参考)pythonによるExcelシートの統合

pythonで複数ブックのExcelシートを1シートに統合(openpyxl)
pythonのopenpyxlモジュールを利用して、複数のExcelの内容を1シートに纏めるプログラミングをしていきます。このプログラムで出来る事任意のフォルダ内の複数のExcelファイルを取得して、新たに作成したExce...


コメント

タイトルとURLをコピーしました