pythonとYouTubeAPIでNCS動画情報の取得(YouTubeAPI)

プログラム

以前の記事(pythonでYouTubeアップロード)では、YouTubeAPIに
よる動画のアップロード
を作成しました。

今回は、YouTubeAPIを利用して動画上のタイトルと説明を
取得する
pythonプログラムを作成していきます。

成果物は以下です。
浄蓮の滝の写真に Alan Walker – Fade の音楽を組み合わせた動画を
アップロードしています。

このプログラムでやりたい事

アーティストや曲の情報を動画の説明欄に追記することを条件と
する著作権フリーのコンテンツ(動画や音楽、画像)を利用する為に、
必要な情報を収集します。
NCS(※)も同じ条件で著作権フリーの利用を許可しています。

(※)NCSについて

NoCopyrightSoundsは、著作権フリーの音楽をリリースするイギリスの音楽組織およびレコードレーベル。NCSとも呼ばれる。
また NCSの音楽を動画のBGMとして使用する場合は、
・アーティスト名と曲名を記載する。
・使用した曲のYoutube動画へのリンクを記載する。
・NCSが提供するストリーミングサービスのリンクを記載する。
 記載というのは、Youtubeの動画の概要欄に記載することを指す。

抜粋元:wikipedia

pythonのソースコード

以下です。
取得したタイトルと説明は、コンソール画面に表示されるようになっています。
必要に応じてテキストファイルなどに出力するように改変してもらえればと思います。

ソースコードの簡単な説明

ご利用の環境、情報を取得するYouTube動画に応じて次の値を差し替えてください。

差し替え
文字
用途
[APIキー]以下にアクセス後、「認証情報 – 認証情報を作成 – APIキー」で作成します。
https://console.cloud.google.com/apis/credentials
[検索するビデオIDを指定]検索する動画のIDを設定します。
例えば「https://www.youtube.com/watch?v=I_D12uSyUc4」と言うURLであれば、「I_D12uSyUc4」の部分が該当します。

YouTube Data API v3 の制限について

動画1本辺りの情報でクォータを 3 使用します。
無料アカウントの場合、一日の使用制限が10000なので、
3333本の動画情報の取得が可能です。

但し、こちらの値は動画のアップロード(1本あたり1600)と共通で
利用される為、注意が必要です。
クォータの制限についてはこちらを参照ください。

クォータの制限を超えた場合、次のエラーメッセージが出力されます。
その場合、毎日の割り当ては、太平洋時間(PT)の午前 0 時に
リセットされる為、翌日以降に実行する様にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました