YouTube動画作成への挑戦~mixhostによるwordpressサーバー構築の解説動画~

YouTube動画作成への挑戦~mixhostによるwordpressサーバー構築の解説動画~ ブログ開設

以下で作成しました。5分程度の内容になっています。
5分でmixhostでwordpressサーバー構築を解説(設定開始2:00~)【ゆっくり音声】

設定時に決めなければいけないことは以下の4つです。
設定を始める前にある程度決めておいたほうが良いでしょう。
  • ドメイン名(https://[ドメイン名].com/)
  • 何カ月契約にするか
  • サイトのタイトル
  • サイトのユーザー名、及びパスワード

音声入力にsofTalkを採用しましたが、動画との音ずれの調整に時間がかかってしまいました。
後日、こちらの設定方法などもまとめていきたいと思います。

今回の記事では、以下を記載していきます。
※mixHost、wordpress、softalkの説明は、別の記事で解説していきます。
  1. mixhostを採用した理由について
  2. 動画作成に時間がかかった理由について

◆1.mixhostを採用した理由について
mixhostの採用理由
一言で言うと、比較的安いわりに性能が良く、早く設定が出来たからです。
私の例で言うと、1年契約で約14000円、設定時間は10分程度でした。
安さだけで言うと、無料で設定可能なHerokuやドメインが永久無料(※1)で
取得が可能なwpX に軍配が上がります。
また、利用ユーザーが多い為、トラブル時にネット検索した際に
解決方法が多く見つかりそうな点はwpX が、
他二つよりも頭二つ分ぐらい抜けている状況です。
しかし、ブログ開設に時間をかけたくなかった私が(※2)
wordpressの設定を大幅に削減できるmixHostを選択するのは必然でした。

◆2.動画の作成に時間がかかった理由について
動画の撮影日について
動画の撮影はブログ開設と同日の2/11に行いました。
撮影は、ビデオカメラで自分の声で解説をしながら行いました。

sofTalkの採用理由について
自分の声が小さかったためです。
我ながら、活舌が悪く、聞こえづらい内容になっていました。
その為、機械声でも聴きとりやすいsofTalkを採用しました。
同じような問題を持つ方が、参考にしてもらえれば幸いです。

sofTalkの簡単な仕様について
テキスト入力をし、再生ボタンを押下するだけです。
オプションで声(例:女性1,2、男性1、2、ロボットなど)を
選択することもできます。
録音してwavファイルを出力する場合も、録音ボタンの押下で済みます。

sofTalkで苦労した所について
以下です。特に2つ目の問題は解決までネット検索を繰り返しました。

  • 再生と録音でスピードが違う。
  • 再生で制御できていた沈黙が録音時に無効になってしまう。
解決した方法
  • 再生と録音でスピードが違う。
        ⇒沈黙を示す「;」の数を録音時は1.5倍にした。
  • 再生で制御できていた沈黙が録音時に無効になってしまう。
        ⇒沈黙を示す「;」をメインで使用する声とは別の声で発声するように設定した。

動画の音声の結合方法について
無料の動画編集モジュールであるFFMPEGにて結合しました。
CUIにて動作するため、多少の慣れが必要ですが、慣れてくれば
バッチで一括で動画の作成をしたり、
プログラムを介して、一定量の手作業を自動化することができます。

FFMPEGのコマンドを紹介
以下のコマンドで動画ファイルと音声ファイルを結合しています。
詳しくは、後日、別の記事でまとめていきます。
ffmpeg -i movie.mp4 -i music.aac -c:v copy -c:a aac -map 0:v:0 -map 1:a:0 result.mp4

(※1)2020年2月現在の情報。
(※2)ブログを開設する判断をするまでに1カ月程度の時間を要しました。
    (詳しくは過去の記事を参照。)
    また、上述のサーバーの契約には、いづれも
    クレジットカード情報の入力が必要でした。
    通常使用しているカードは、何かしらのトラブルなどに
    巻き込まれてしまうと、家族の生活に影響が出てしまう為、
    新たにクレジットカードを作成する必要がありました。
    この新たに作成するクレジットカードの選定にも半月程度かかりました。
    新たなクレジットカードを受領し、いざサーバーを立ち上げようという時には、
    会社に副業を宣言してから2カ月近く経とうとしていました。

◆ブログ開設のやり方
ブログ開設にはいくつか選択肢がありますが、
私は以下の方向性を元にmixHostによってwordPressサーバーを構築しました。
◆方向性
・自分でサーバーを立てること。
・WordPressを採用すること。
・開設までの手間はできるだけ少なくすること。
時間や条件が許すのであれば、mixHostの代わりにHeroku(※1)やXServer(※2)により、
サーバーを構築していたかもしれません。

(※1)無料。
(※2)WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』



コメント

タイトルとURLをコピーしました